焦りと疲れの中の婚活パーティー

まず、婚活を始めようと思ったきっかけは「祖母の思い」です。

当時婚活を始めた年齢は28歳の時でした。

よく雑誌やネット媒体にて女性は30代に突入するまでには結婚したいという記事情報が目に付きます。

しかし私自身結婚は年齢関係なく縁があれば結婚出来たら良いなという淡い願望しかありませんでしたので、結婚を急ぐ気持ちには当時なりませんでした。

ですが、私はその年齢になるまで男性とお付き合いした事がありませんでしたので、一度はお付き合いをしてみたいとは考えておりました。

そんな中、祖母とふとした事で結婚という話題になりました。

同居していた事もあり祖母とは大変仲が良かったので祖母は、私が結婚してくれたら「凄く嬉しいし、死ぬまでには花嫁衣装が見たいな」と私の結婚していない事に対してどういう思いを抱いていたのか初めて聞くことが出来ました。

祖母も高齢なので、今までのんびりしていた結婚に対するものに初めて焦りを感じた時でもありました。

そこから、私は婚活パーティーに参加する事になりました。

もちろん1回目で直ぐにいい人に巡り合うことはなく逆に生理的に受け付けない人やパーティー終了後待ち伏せをする人等、精神的にも身体的にも疲れが増していく中、年齢は29歳になってしまい小さな焦りが少しずつ大きくなっていきました。

結婚までは行かなくても、お付き合いしている男性を祖母に紹介すれば少しは安心してくれるのではないかと思っていましたが、なかなか上手くいかないのが婚活パーティーなんだと実感しました。

時には婚活パーティーの参加に疲れ果て半年ほど参加を見送った時期もありました。

しかし、お休みしている時でも頭の中では婚活の事でいっぱいでお休み出来ていなかったのが本音です。

ですが、ようやくパーティーに参加して8回目の時に素敵な男性と巡り合う事ができ無事30歳にて結婚する事が出来ました。

祖母も大変喜び、今では夫と凄く仲が良く本当に心から安心しました。

なかなか、婚活といえども婚活パーティーやマッチングアプリ色々な方法があるかと思います。

しかし、直ぐご縁に巡り合う方もいらっしゃれば私みたいになかなか巡り合わない時もありますが諦めずに頑張れば、もしかしたら素敵な方と巡り合うかもしれません。

諦めてしまえば、それまでです。

悩んでいる方も一歩踏み出す勇気を持って頂けたらと思います。

サブスク婚活 料金

これ以上絶望させたくないという気持ちが変えてくれた

サボり癖での失敗談は、人間関係を壊してしまったことです。

元々私は、サボり癖とは真逆な人間でした。

完璧主義者なところがあり、いい意味での手抜きができません。

それは、仕事上ではプラスになることの方が多くありますが、私生活でも手抜きができないためにストレスを抱えることが多くありました。

週5日フルタイムで働く中、家事をしていると自分の気が休まるタイミングがないのです。休日も友人と出かけることもありますが、その前に掃除やら洗濯としなくてはならない!という気持ちに囚われ、時間に追われた毎日を過ごしていました。

ですが、それがあだとなったのか、ストレスにより体調を崩してしまいました。それまで勤めていた会社は退社し、今まで完璧にやらなきゃ気持ちがすまなかったことが何も手につかなくなり、それに費やしてきた時間と手間すらもバカバカしくなってしまったんです。

それを気に自分は変わりました。

いわゆるズボラ。

手抜きと言えば、いいようにも聞こえますが、使ったものは片せなくなりそれまでこまめに行ってきたことができなくなりました。

自宅は散らかり放題。

手がつけられないほどまでになってしまったんです。

それは、仕事を始めると仕事にまで影響を及ぼしました。

私的なことも仕事に対しても面倒が先立ってしまい、私はいい加減な人と印象付いてしまったんです。

今までの私を知る人からは、絶望したとまで言われたこともあります。

サボり癖の度が過ぎていたのです。

そこでどうにか改善していかなきゃと思っていた矢先、以前勤めていた先の上司から元の会社で働かないかというお誘いを受けたのです。

もちろん、そんないい加減な人間になってしまったことは知りませんでした。

ですが、それが自分の意地にもなり、せっかく誘ってくれた上司の思いを変わってしまった今の自分が裏切ってしまってはダメだと思えたんです。

これが変わるチャンスだと強く言い聞かせて改善できたのだと今でも思い、感謝しています。

サボり癖改善3ステップマニュアル 料金