生後5ヶ月の子供を育てています。

私は広島県出身の現在30代。生後5ヶ月の子供を育てています。
子育てで嬉しいのは、やはり日々子供の成長を感じられるのが楽しいです。声を上げて笑ってくれるようになってからは、夫婦でどっちが息子をより笑わせられるか競っています。子供が笑っている姿を見ると、しんどいことがあっても不思議と元気が出ます。また、離乳食が食べれるようになってからは、「んまんま」と言いながら口を開けてご飯をねだる姿にとても癒やされました。離乳食を作るのは手間がかかりますが、こうして美味しそうに喜んで食べてくれている姿を見ると、色々なものを食べてほしくて張り切ってしまいます。生まれたばかりの時はお猿さんみたいだったのに、どんどん人間らしく進化しているのはとても感動します。将来どんな男の子になるんだろうと想像するのもとても楽しいです。 現在育休中なのですが、それまではバリバリのキャリアウーマンで、深夜残業や休日出勤も普通の、仕事が中心の生活をしていました。そんな生活が家に子供とふたりきり生活に変わったので、始めのうちは自分が社会に取り残されているような気がして辛かったです。また、これまで積み上げてきたキャリアは復帰後どうなるのだろうという不安も大きかったです。また、うちの子は抱き癖がついてしまっていて、お昼寝もほとんどしないので、日中何をするにも抱いていないと泣き出してしまいます。しかも抱っこをしないといつまででも泣き止まないのです。家事や自分のことをしたくても思うように行かないとが多く、育児ノイローゼになる人の気持ちも少しわかるなあと感じました。 好き嫌いしないよう、小さい頃から色々なものを食べさせてあげたいです。夫は野菜全般が嫌いで、小さい頃からあまり食べなかったそうで、給食も辛かったと言っていました。食べることの喜びが多い程、人生は楽しくなると思います。なんでも美味しく食べてもらえるよう、美味しいご飯を作りたいと思います!

子ども食堂 立ち上げ

ペットの存在。

コロナ渦でペットを飼う家庭が格段に増えている現象が起こっている。

愛犬・愛猫家の私に言わせると不安でしかないこの現象。

可愛い!だけで安易にペットショップでローンを組んで購入している家族を多く見かける。
だけど考えてみると、家に居る時間が増えただけで何故ペットを飼うという考えに行きつくのだろうか。

子供の相手に・・・
家に居る時間が増えたから・・・
何処もいけないけどワンちゃんがいると散歩に行かなければいけないから外出するようになるし・・・
って迎え入れるのが不思議としか言えない。

ワンちゃんいなくても散歩すればいいし、子供の相手にって???
ワンちゃんは子供のおもちゃではないですよ?

だけどペットショップの売り上げが好調だと、かわいそうなワンちゃん・猫ちゃんが
増えるという事をもっと出して行かなければいけないと思う。

ペットを飼うという事はおもちゃを買う感覚ならば買う資格なしと言いたい。それよりこれから10数年一緒に生きていく覚悟があるならば迎えるといい。

楽しいことばかりじゃない。うんち、おしっこの終い。
ご飯の管理、爪、歯垢のケア、トリミング・しつけなどなど

一番に病気をすると高額になることが多々あるのでペット保険に入るか、きちんと払える覚悟があるならば許可されるなどにすっればいいのにと思う。

経験ありますが、かなり高額になります。家族だから治療して治るならば直してやりたいし
長生きしてもらいたいと願うものだけど、大体の軽く購入した飼い主は病気になると
放置や飼育放棄など。心無い扱いがデキてしまう。

病気になったとたんに手放されるペットの気持ちを考えると押しつぶされそうになるものだ。

そんなことが曲がり通る世の中ではいけない。もっとペットと共存するためのシステムが整備されていなければいけない。

楽しく共存していくにはもっと掘り下げて考えていくべきものだと思う。生活の中の人間と同じく…衣・食・住これこそ同じく生活する仲間として取り入れていくべきだと思っている。リモサボン 価格

持病があってもできる仕事

私は持病があり、専業主婦なのですが、子どもも小学生になったのとコロナ禍にもなったので、在宅でも出来るお仕事がないか、クラウドワークスで色々と探していたところで、契約をして頂いての副業と、タスクのアンケート等に参加しての副業を現在やっております。

外に出て働けたら1番なのかもしれませんが、パニック発作が出たりも過去に何度もあり、仕事を何度も辞めたので、主治医からも『在宅ワークなら大丈夫』と言われたのもあり、マイペースにやらせて頂けています。

どのお仕事も出来高制なので、稼ぎたければやるしかないですが、無理をして体調を崩してしまったら元も子もないので、体調を気にしながらコツコツと稼ぐことが出来る在宅ワークが私にはちょうどいいな。

と感じています。パソコンもある程度使いこなせるからこそ、このご時世での在宅ワークも出来ることには感謝していますし、ネットワークの普及とコロナ禍が重なった事も大きいのかな?と身をもって実感している所です。

家の事をしながら家の中でもお仕事をさせて貰えるというのは、主婦の強みだとも感じます。以前は仕事の掛け持ちでの副業もしたことがありましたが、本当に身体がボロボロになり、睡眠時間も無くなりますし、本業に迷惑もかかるな。

と感じ、お金が貰えてもいい事ないな。と思ったので、在宅ワークの副業が私にはピッタリです。いつパニック発作が出るかわからない環境での社会復帰こそ、在宅ワークの副業はとても有難いですし、自分のスキルアップにもなって一石二鳥だな。

と感じています。頑張って褒められるとやる気も出ますし、それがきちんとお給料にも繁栄されるのが1番の魅力だと思っています。

副業=お小遣い稼ぎ程度にはなりますが、夫の給料の中でのやりくりで好きな物を買うよりも、欲しい物を気兼ねなく購入できる面も、気持ちに余裕が出来るので、周りにも自分にも優しく接することが出来るようになったり、感謝の気持ちが今まで以上に芽生えたので生きるのも楽しくなりました。

子どもにもどんな仕事をしているのか目の前で見せながら出来るという点も在宅ワークの魅力だなぁ。と今回しみじみと感じています。

どこに住んでいてもネットで繋がってそれがお仕事や面接にも繋がるという環境はIT化の現在ならではでもありますよね。このようにアンケートに答えてお小遣いを稼げるので、スマホを触りながら暇つぶしでお金が稼げることが副業の魅力です。

Famm 怪しい