動画編集スクール「studio US」で自由な働き方が手に入る秘密

オンライン動画編集スクール「studio US」は、皆が憧れる自由な働き方であるフリーランスや在宅ワーカーに近づく最短の近道です。ただ、誰もがすぐに動画編集のスキルで独立出来たり、動画編集の依頼を受けて在宅ワーカーとして活躍できるわけではありません。何故なら、動画編集のスキルを身に付けるには、シッカリとした基礎を身に付けた上で、動画編集に必要なセンスやひらめきを磨く必要があるからです。では、どうすれば動画編集に必要なセンスやひらめきを身に付けられるのでしょうか?それは、基礎を学びながら実際にyoutuberからの依頼をこなして、実戦で磨いていくしかないでしょう。そのためにも、最初におすすめするのはstudio USの「動画編集コース」です。この動画編集コースは動画編集者になるためのエントリーコースと言っていいものです。この動画編集コースではAdobe社の「Adobe Premiere Pro」と「Adobe AfterEffects」という2つの動画編集ソフトの扱い方を学びます。「Adobe Premiere Pro」ではカット編集方法やテロップ入れ、場面切り替え(トランジション)といったスキルを駆使して、動画全体にメリハリをつけたリズミカルな編集方法を学びます。また「Adobe Premiere Pro」は、平面的な画像に奥行きを与えたり、モーションコントロールといったデジタル処理を施して、よりインパクトのある動画に仕上げます。こういった過程をstudio USでは700本以上の最新の動画素材を使って、第一線で活躍する現役の映像クリエイターが講師として動画編集に関するスキルを教えてくれます。この「動画編集コース」で学ぶスキルをシッカリと身に付ければ、最短2か月でyoutuberからの動画編集依頼をこなせるほどの動画編集スキルが身に付くでしょう。ここまで来たら、後は実際に依頼を受けて、動画編集のセンスやひらめきに磨きをかけて腕を磨いていくのです。そうすることで、数か月前までズブの素人だったアナタも、フリーランスや在宅ワークで稼げる道に一歩踏み出せるのです。studio US 動画編集