その「こだわり」ってただの「執着心」じゃないですか?

どんなに頑張っても結果がともんまわないことって、仕事の現場ではよくあることです。
戦国武将が天下を制するのは
地の地
時の利
人の利
が必要だといていたような気がします。

だからこそ時に諦めること
勇気ある撤退も必要なんです。
無理なものは無理
それはいくら頑張ったとしてもです。
しかし、今 諦めたら今までの苦労が無駄になる・・・
そんなこだわりがあるからこそ、いつまでも諦められずにしがみついてしまうがちです。

しかし、ビジネスの世界は
「結果を出してナンボ」
の世界です。

また、一度は好業績を上げても、さらに次はもっと高い成果を求められます。
自分の苦労してただ気出した成績も、会社の上司たちは次はもっと大きな成果を望んでくるでしょう。

時には勇気ある撤退をする。
今までの努力を時にはドブに捨てる覚悟も必要な時があります。

こだわりを捨てないと身も心もボロボロになってしまいます。

冷静に客観的な視点でいつも自分自身を見直してみてください。
今までの苦労はわかります。
しかし、それって「こだわり」ではなくただの「執着心」だけではないか?
今のまま突き進んでも結果は同じではないか?
しっかりと見極めなくてはなりません。

改善点が見つからない?
なにがわるいのかもわからない?
そんな状況ではいったん撤退するのも良い気分転換です。

意外とがむしゃらにやっている時より、いったん添いの仕事や業務などから離れた時にこそ、その時には見えなかった欠点やヒントが見つかるものです。
目の前のことに執着するあまり、大きな視点で物事が見れなくなることは人間よくあることなんです。

そして、よく囚われるのが「過去の成功」体験です。
以前にうまくいったやり方や方法
それがいつまでも続くとは限りません。
世の中の流れは常に大変化しています。
常に新しいやり方や新しいサービス 新しい商品がどんどん出てきているのです。

ダメだ・・・
そう見極めたのならあっさりと次のことにチャレンジしてみるのも重要です。
高齢者 見守り カメラ ネット環境なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です