墓地には3つのタイプがあるがどれにしますか?

墓地と言っても3つのタイプがあり、その意味合いが微妙に異なります。
まずお寺や神社、協会などが運営する「寺院墓地」
これには宗教と密接にかかわってくるため、使用するためには檀家や氏子、信者でなければなりません。
寺院墓地はその名の通り寺院の境内の中にあることが多く、管理面では非常に行き届いていて安心できるでしょう。
でも、墓石の大きさや形にも制限があることもあり、「個性的」なお墓を求める方には少し窮屈に感じるかもしれません。
本来の「先祖伝来の墓」といえばこのタイプになるでしょうね。

都道府県や市町村が運営管理するのが「公営墓地」です。
宗教も問いませんし、管理費・使用料も割安でう。
「費用があまりかからない」ということからも人気で使用希望者の競争率はハンパなものではありません。
※まずなかなか空きが出ませんからね・・・
公営墓地に空き区画が出た場合には、抽選になるくらいです。

田舎から出てきた親が亡くなった場合のお墓は、霊園いわゆる民間が管理運営する民間墓地を検討する方が一番多いでしょう。
原則的に宗教は問わず、。また広く大規模に整備されているところも多く、お墓の大きさや形も自由にに選べます。
ただし使用料は寺院や公営墓地と比べれば割高なところが多いです。

根本的な問題として「お墓を持たない」という考え方も増えてきました。
「お墓にはお金をかけたくない」
「お墓を守っていくという子供がいない」
そんな方が急増しているのです。
そんな方々は寺院や公営や民間が運営する「納骨小津」や、寺院が運営する「お骨仏」(合祀」:お骨を一カ所に集めて仏像にする)を利用する方が増えてきているのです。
また最近の納骨堂はきれいなビルの中のロッカー式や仏壇形式など時代に合わせていろいろなものが誕生しています。
そのひぃいうもまさしくピンキリで数万円~新しいお墓が作れるくらいの数百万円まで様々です。
さらには樹木葬や散骨なども注目されています。
いいお墓 口コミ 評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です